荷物 運搬 業者

荷物の運搬は引越し業者おまかせ@こんなに安くなるとは!

荷物運搬

荷物 引越し

荷物 配送

荷物 輸送

 

荷物の運搬をしてくれる業者といえば、宅配業者、郵便局、引越し業者などが思い浮かびます。
荷物といっても、宅配業者と郵便局には送ることのできる荷物の大きさに制限があります。

 

大きな荷物や荷物が複数個あるときは、引越し業者がおすすめです。
業者の数が1番多い引越し業者は、費用も安くなるチャンスが高いです。

 

冷蔵庫だけを運んで欲しい、洗濯機だけ運んで欲しいなどという依頼でも、引き受けてくれます。

 

どこにお願いすればいいのか迷ったら、引越し業者一括見積もりがオススメです。

 

引越し一括見積もりはこちら

クロネコヤマト引越センター
も加盟しています↑↑

 

順番に項目を入力していくだけで、複数の引越し業者からの見積もりをまとめて取ることができます。
同じ条件で見積もりを取ることで、サービスや費用を比較することができますよ。

 

費用の相場や最安値の業者を探すのにもオススメです。

 

複数の見積でさらに安くなる!

1つ1分。3分で最もお得に!!

引越し価格ガイド

・200社を超える業者が登録
・最大10社から見積もり
クロネコヤマト引越センターが参加

ズバット引越し

・安い引越業者を探す方法は必見
・最大50%安くなる理由とは


ホームズ引越し

・はじめての引越しにおすすめ

 

 

 

引越し相場と時期

 

荷物運搬引越し

 

引越しシーズンがあるのをご存知ですか?
1年のうちで最も引越しが多いのは、3月の新学期前です。

 

長い受験を終えて進路が決まった大学生や、会社に就職したばかりの新社会人、春の人事異動で新年度を新しい会社で迎えるサラリーマン。
みんな4月から始まる新生活に備えて3月に引越しをするものですから、この時期は引越し業者も「繁忙期」としていつもより人手を増やして備えます。
しかし全然足りないのが現状です。

 

繁忙期は人件費のコストが上がり、どうしても通常期に比べると引越し費用が高いです。

 

繁忙期を避けられるなら、引越しは他の月に行うのがオススメです。
もしこの時期を避けられないのであれば、すぐにでも新居を決めて引越し業者一括見積もりを早く行って業者を決めてください。

 

安くて良い引越し業者の予約は遅くなるほどに取りにくくなります。
早めに動くことで、繁忙期の引越しもスムーズに行うことができますので、スピーディーに頑張ってください。

 

 

引越しの手順

 

引越しは大変ですが、手順通りにこなしていけば案外あっという間に終わります。

 

荷物運搬引っ越し

 

・新居が決まったら、複数の引越し業者に見積もりを依頼する。一括見積もりがオススメです。
引越し業者への見積もりは、新居の住所や物件の状況がわからないと正確な料金がわかりません。
エレベーターがあるのとないのとでは引越し料金は同じではないので、新居が決まったら早めに見積もりを取って引越し業者を決めましょう。

 

・荷物の梱包、不用品の処分を行う。
引越し日までに荷物をすこしずつ梱包し、その時に出る不用品はゴミカレンダーで計画的に捨てましょう。
引越しの時に荷物が多いと費用が高くなりますので、いらないものは売ったり、あげたり、捨てたりして処分しましょう。

 

・市外への引越しなら役所に転出届を提出する。(2週間前〜)ついでに健康保険や年金についても役所で聞いておく。
市外へ引越しする際は、選挙や子供手当などのお知らせが新居に届くように手配する必要があります。
転出届を提出し、さらに国民健康保険や年金の届けについても役所で聞いておきましょう。

 

・電気・ガス・水道・通信会社などに引越しする連絡をして、詳細や精算方法などを確認する。
電気・ガス・水道などは引越し日までは使えるようにしておいて、引越し日からは新居で使えるように手配しなければなりません。
新居についてから電気がつかない、お湯が出ないなどのトラブルも多いですので確認しましょう。

 

・郵便局に新居への郵便物転送手続きを行う(届出から1年間有効)
郵便局に転送の手続きをしておくと1年間は郵便物が新居に届くようにできます。

 

・引越し当日 家具の配置などを決めておく。
引越し日は引越し業者におまかせするとして、何の家具をどこに置くかなど指示が必要です。
家具の配置、ダンボールの置き場所などを紙にかいて整理しておいて引越し業者に渡しておくと引越し当日はスムーズです。

 

・市内への引越しなら役所で転居届、市外への引越しなら転入届を提出
同一市内なら転居届け、市外への引越しなら転居届けを提出すれば、選挙ハガキや年金など役所からの郵便物が届きます。

 

・荷解きをする。

 

・免許証・パスポート・保険・カード類などの住所変更手続きを行う。
役所関係以外でも、免許やパスポートなどは住所変更の手続きが必要です。
免許証は身分証にもなりますので、早めに行いましょう。

 

 

引越しのあいさつ

 

引越し挨拶

 

引越ししたらご近所へ挨拶に行きましょう。

 

引越しの挨拶は、引越し当日か翌日に行くといいですね。
なぜなら先延ばしにすると面倒くさくなったり、道や廊下でバッタリ会ってしまってタイミングを逃すからです。
第一印象が「挨拶もしない人」にならないようにしたいですね。

 

挨拶に行くときはに簡単な粗品を用意しておくのがおすすめです。
粗品は500円とか1000円くらいの日用品やお菓子がいいです。タオルや洗剤などが喜ばれると思います。

 

では一体どこのお宅まで挨拶に行けばいいのでしょうか?

 

マンションやアパートなら上下左右の部屋の方に行くのが一般的です。
もし大家さんや管理人さんが近くにお住いの場合は、一緒にご挨拶しておくといいと思います。

 

一戸建ては昔から「向こう三軒両隣」と言って、自分の家の向かい側3軒と左右隣の2軒、合計5軒です。
一軒家はマンションのようなに住人専用のゴミ収集所がないので、おそらく町内で当番制で清掃を行っているかと思います。
ですから自治会長さんにもご挨拶して、ゴミ出しのルールなどを聞いておくと安心ですよ。